ハピラフ
MAGAZINE
2021/05/07
メディテ編集部
メディテ編集部
【2021最新版】クレジットカード人気おすすめランキング|各種メリットも解説

コロナ禍の影響により、キャッシュレスは加速し、クレジットカードの利用価値はこれまで以上に高まってきました。

現在社会人の8割以上の人が所有し利用するとも言われており、種類も驚くほど出てきています。それだけに、どれを選ぶべきか迷うことも多くなりましたよね。

活用の機会が増えたことで、もっと利用しやすいものを見つけるのも大切です。そこで、2021年最新版のおすすめクレジットカードをご紹介していきます。

おすすめクレジットカード7選

JCB CARD W

https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

日本のクレジットカード会社として、高い知名度を誇るのがJCBです。

日本発唯一の国際カードブランドとしても知られています。その中でも39歳以下限定になっているのが、JCB CARD Wです。年齢限定の代わりに、ポイントがたまりやすい仕組みになっています。日本国内に限らず、国外で使っていてもポイントが2倍以上になるのです。

JCBオリジナルシリーズパートナーという優待店があり、こちらで使うと還元率が2倍から10倍にも跳ね上がるのは魅力な仕組みですよね。

JCBのポイント優待サイト「Okidokiランド」を経由すれば、これがさらに跳ね上がります。それも最大20倍にもなるのですから、利用価値が高いのです。セキュリティ面もしっかりとしており、年会費も永年無料なのも人気といえますね。

VIASO カード

三菱UFJニコスのクレジットカードが、VIASOです。

独自の機能として、獲得してから1年間超えた貯めたポイントを、自動で現金キャッシュバックする機能があります。

一般的には、ポイントは指定されたものに交換しますが、使い道がなく無駄になる人もいるはずです。

オートキャッシュバックなら、無駄にならずに安心して使えます。1ポイントあたり1円と換金率も高く設定されているのも魅力です。

何かこだわりがなければ、年会費も永年無料ですので、誰にでも使いやすい選択になるでしょう。もちろん現金化だけではなく、手続きを通してPontaポイント、T-POINT、nanacoポイントなどにもできます。

三井住友カード ナンバーレス

年会費も永年無料で、表面がとてもシンプルなデザインです。

カード番号やセキュリティコードは専用アプリで確認するため、見た目で覚えられてしまうことがありません。

仮に紛失してもセキュリティに配慮されているので安心です。さらに申し込みから最短5分で作れてしまうのも、利用者としてはメリットになっています。

特約店でタッチ決済すると最大5.0%のポイント還元を受けられるのが、三井住友カード ナンバーレスの大きな特徴となりました。セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、マクドナルドなどが特約店です。

200円で10円分のポイントと考えれば分かりやすいでしょう。日常的に特約店を利用するなら、かなりお得感が出てきます。

ライフカード

年会費は無料で、誕生日の月に買い物をすると、ポイントが3倍になるのが特徴です。

面白い使い方としては、誕生日の月にギフト券などのプリペイドカードにチャージするだけでなので3倍お得になります。このポイントも1,000ポイントで約10,000円分のギフトカードセットが手に入るのです。

ポイントの価値が非常に高いので、このようにうまく使える人には向いています。

このポイントプログラムもステージ制になっているので、利用料金が多い人ほどお得に使えるのです。

イオンカードセレクト

イオングループの対象店舗で使いやすいクレジットカードです。

電子マネーWAONが一体になっており、オートチャージ機能も搭載しています。

公共料金の支払いなら1件につき5WAONポイント、イオン銀行を給与振込口座にすると毎月10WAONポイントなど、いろいろな選択肢があるのが特徴です。

還元率としては、0.5%と特別高いわけではありませんが、年会費も無料なので、イオングループを利用する機会が多い人にはいいでしょう。

JCB一般カード

JCBのスタンダードなクレジットカードで、初年度無料にする場合にはインターネットからの入会が必要です。

JCB CARD Wと比較すると年会費が発生しますが、保険の内容が充実しており、安心感が高い内容を持っています。

特に1年に1回ですが、旅行傷害保険が最大3,000万円が特徴です。国内で保険をかけて旅行に行くケースはあまりありませんが、JCB一般カードなら国内外を問わず補償対象になります。トラブルの時でも安心できる仕組みなのです。

JCB CARD Wのような年齢制限もありませんので、誰でも使いやすい設定にといえます。継続すると掛かる年会費も、方法によっては無料にできます。WEB明細サービスのMyJチェックに登録し利用すれば、年間50万円以上のショッピングに使うと無料にできるのです。

現在ではWEB明細も珍しい方法ではなく、年間50万円もそこまで高額というわけではないため、うまく活用すると旅行保険よりも便利になります。

dカード

NTT Docomoのクレジットカードで、携帯の契約とともに利用する人が多くなりました。

料金をキャッシュレス決済であるd払いにすると、ポイントがさらにたまります。

ローソンで使うと還元率が1%にアップする上に、提示すると220円ごとに1%還元するなど、特定店舗でお得感が高まるのが特徴です。たまったポイントをDocomoの支払いに利用できるので、両社を使う人にとっては使い勝手がアップします。

かなり特定のユーザー向けともいえますが、キャリア最大手であることを考えれば、便利なのも確かです。

最大ポイント還元率が高いおすすめクレジットカードおすすめ3選!

クレジットカードは、それぞれポイント制度を持っており、還元率にも違いがあります。うまく活用するためにも、どの程度違いがあるのか、比較してみる必要があるでしょう。

特にこの3枚は還元率が高く、お得に活用できるクレジットカードです。

JCB CARD W

高い還元率を誇るJCB CARD Wは、1~5.5%にも拡大します。優待店の利用なら、最大で21倍たまる仕組みで、キャンペーンも使えば、さらにお得です。

とにかくポイントを気にする人ならピッタリの特徴を持っています。

VIASOカード

VIASOカードも還元率の高いクレジットカードで、0.5~10.0%まで広がりますが、特定サイト経由のショッピングが条件となるため、常に高還元率ではありません。

普段は0.5%ですが、携帯料金とネット代、ETC利用になると、一定代金でポイントがつくため、還元率が変わる仕組みです。自動キャッシュバックがあるため、使いやすい点は見逃せません。

JCB一般カード

JCB 一般カードは0.3%~5.0%とJCB CARD Wには及びません。しかし、こちらであれば39歳以下といった年齢制限もありません。

Okidokiランド経由なら、最大20倍になりますし、優待店の利用でもアップします。セブンイレブンやAmazonでも変わるため、こうした店舗を多く使う人ならお得感が増すでしょう。

便利に使えるカードを見つけていこう!

現在の非常に多くの種類が発行されています。それぞれ特徴があり、どれを選ぶのかによって、使い勝手がかなり変わるのです。

まずは特徴を自分のライフスタイルに合わせて比較してみるいいでしょう。だんだんと、どの条件が合っているのか見えてくるはずです。

キャッシュレスが加速する中、使う機会も増えています。現金を持って歩かない安心感も高まってきました。

お得に使っていくためにも、ポイント還元率も気にしながら選んでみるのが大切です。

Related Articles

ライフスタイル

モラハラ夫と離婚したい人必見!円滑に離婚をするためのステップをご紹介

目次モラハラ(モラルハラスメント)の基礎知識モラハラ(モラルハラスメント)とはモラハラをする人が持つ特徴モラハラされやすい人の特徴モラハラは改善できないのかモラハラをする夫(妻)と離婚へ進める手順協議 …

ライフスタイル

【保存版】おすすめのトリートメント10選!選び方と人気ブランド商品を紹介

きれいな髪を保つために、少しでも気を配りたい毎日のヘアケア。 シャンプーやコンディショナーだけではなく、定期的にトリートメントを使って髪の手入れをしたいですよね。でも自分の髪に合った選び方を意外と知ら …

ライフスタイル

片方だけの鼻詰まりや腫れは「鼻茸」かも?上手く治す方法をご紹介

花粉症や風邪の影響で鼻が詰まるということがよくありますよね。しかし、どういうわけか片方だけ鼻が詰まることがよくありませんか? 鼻づまりの原因は多岐に渡りますが、鼻づまりの症状があって鼻の奥が腫れていた …

ライフスタイル

【徹底比較】自動車保険のおすすめ人気ランキング5

目次自動車に欠かすことができない自動車保険 自分で選ぶ「任意保険」と強制加入の「自賠責保険」との違い自動車保険の販売方法「ダイレクト型」と「代理店型」あとで後悔しない!自動車保険の選び方① …

ライフスタイル

大人気のDUOクレジングバーム比較♡しいちゃんのわくわく体験レポ

デュオ本兄弟を演じるKinki KidsのラテンテイストのCMでもおなじみのDUOの「ザ クレンジングバーム」。 「とろけるクレンジング」というキャッチコピーと一緒に、あちこちのメディアで取り上げられ …

© 2021 ハピラフマガジン Powered by AFFINGER5