ハピラフ
MAGAZINE
2021/05/11
メディテ編集部
メディテ編集部
医療保険おすすめ人気ランキング!種類や選び方を徹底比較|自分に合うものを選ぶ

医療保険は、商品によってその内容に大きな差が出てきます。
内容やプラン、特約の範囲も広く、自分に合ったものを選ぶことが難しいのではないでしょうか。

特に医療保険で重要なのは保障内容であり、自分だけではなく家族にとっても必要な内容かどうかを考える必要があるのです。

そこで本記事ではおすすめの医療保険のランキングだけではなく、種類や選び方まで徹底的に解説し比較してきます。あなたにぴったりの医療保険を見つけましょう。

医療保険商品おすすめ3選の特徴も解説! 

チューリッヒ生命「終身医療保険 プレミアム DX」

短期入院だけではなく長期入院に対しても対応している一生涯保障の医療保険です。基本料金は安価ですが、保障内容をカスタマイズできます。

ストレス疾患の場合は、支払限度日数が365日に延長される特約まであるのです。どの年齢でも必要な内容を持っていますが、そこまで手厚い保障といえない部分もあるため、特約を含め細かく検討しなければいけません。

朝日生命「スマイルメディカルネクストα」

長い歴史を持つ朝日生命の生命保険で保険料は安くありませんが、保障の手厚さはかなり優れています。 七大疾病にかかった場合の支払限度日数は無制限です。入院I型は、特定精神疾患の場合に120日間延長してくれます。

ただし、手術給付金は特約扱いになるので注意が必要です。逆にそれだけ選択肢が多い商品になっています。 

日帰り入院からまとまった給付金が受け取れるところは、生命保険の選択肢として重要なポイントになるでしょう。

ネオファースト生命「ネオdeいりょう」

非常に安価で入れる生命保険です。どの年齢でも安価で加入できるのが特徴で、全ての保障が一時金で支払われますが、そこまで特別な保障は持っていません。
三大疾病の保障条件もそこまで手厚くありませんが、ストレス疾患に対する特約があります。

安価な生命保険を求めている人や目的を絞り込めるなら、ピッタリの内容となるでしょう。特に一時金に魅力を感じる人にはピッタリです。

選ぶときに大切な医療保険の仕組み

医療保険を選ぶ場合には、根本的な部分から知る必要があります。わかっているようで分からない部分があるのが保険です。

基本は病気や怪我のために医療費が必要になった時の備えであり、これが保険であるというところでしょう。合わせて公的医療保険と民間医療保険の仕組みの違いも覚えておくのが大切です。

公的医療保険の仕組み

公的医療保険とは、名前の通り国が行なっている医療保険で、自分の意思でやめられません。強制なのが大きな特徴です。

会社員や公務員は「健康保険」、自営業や仕事に就いていない人は「国民健康保険」、75歳以上の場合には「後期高齢者医療制度」と分けられています。日本の場合には、これらに自動加入する形です。

医療保険の名前をとっていますが、直接給付されるわけではなく、自己負担部分だけを支払うのも公的医療保険の大事な仕組みといえます

民間の医療保険の仕組み

公的医療保険とは違い、民間の保険会社が扱っている商品です。強制的な部分が存在せず、自分で商品を選んで加入します。

病気やケガで条件に当てはまれば、給付金が受け取れるのが民間の医療保険の仕組みです。この条件は商品によって違うため、自分で必要とする部分に特約を組んだりします。

解約も自分の意志で決定できるのも公的医療保険制度との大きな違いです。実際に何か起きた場合、公的医療保険ではカバーしきれないことが出てきます。

そこで民間の医療保険によって補填する形をとるようになりました。公的医療保険は保険適用外の治療費は対象外となるため、補填する民間の医療保険が必要なケースが出てくるのです。

理解しておこう医療保険の種類

医療保険はさまざまな商品が作られてきたこともあり、いくつかのタイプに分類できるようになりました。

この種類を覚えておくことが、適切な商品を見つける重要なポイントです。

定期保険

保険商品の中でも、期間が決められている保険を指します。期間を一年と定めた短期のものもあれば、六十歳までのように一定ラインを決めている場合もあるのです。

この期間が終わった段階を満期と呼び保障が終了します。希望すれば満期後に更新できる場合もありますが、商品によっては継続できない場合も出てきます。

期間という条件が付くことから保険料が安く設定されるため、年齢が若い時にはかなり安価に利用できるのも特徴です。逆に年齢が高くなる条件が厳しくなり、保険料も上がります。

更新の場合でも保険料が上がるため注意しなければいけません。特に長く利用するのが条件なら、終身保険のほうが安上がりのケースもあります。

終身保険

終身保険は、名前の通り期間の定めがありません。一生涯の保障を受けられるのが大きな特徴で、一度加入すればそれ以降を保険料が変動しない方法です。

その代わり定期保険と比較すると、保険料が高い傾向が強く現れます。

ただし、定期保険を更新し続けるなら、終身保険のほうが割安のケースもあるのです。保障の内容は、どちらもあまり違いはありません。

女性保険

名前の通り女性専用の商品で、女性特有の疾病に対する保障を厚く作られています。女性特有の疾患として、乳房・子宮・卵巣がありますが、対象で重要なのはがん治療です。

こうした治療に対し、給付金が上乗せされたり、期間の延長を受けられたりします。医療用ウイッグに対応している商品もあるため、女性にとっては大事な保険です。

引受基準緩和型医療保険

通常の保険商品よりも、ハードルを下げているのが特徴です。一般的に健康不安があると、保険に加入できないケースが出てきます。保険会社も営利企業であり、あまりにリスクが高いと加入できないのです。

しかし、健康的な不安があるからこそ保険が必要であるのも間違いありません。そこでハードルを下げ、通常よりも高い保険料でも加入できるようにしています。保障内容にも制限がありますし、すぐには給付金が満額もらえないなどもありますが、多くの人が使える商品です。

医療保険の選ぶときのポイント

医療保険の選び方として、保障内容や保険期間なども理解しておかなければいけません。保険料払込期間や健康体割引・健康増進型保険といったところも抑えておくのが大切です。

保障内容(主契約・特約)を考える

生命保険選びで重要ポイントが保障内容です。主契約はメインとなる本体部分で、特約はオプションとすると分かりやすいでしょう。

自分にとって必要な部分を満たすかどうか、大事な要素です。

保険期間を考える

保険期間は、定期型か終身型かで違いが出ます。若いうちは短期でも、長期的にみると終身型のほうがお得なケースもあるため、しっかりと計算が必要です。

保険料払込期間(全期払い・短期払い)を考える

いったいいつまで払い続けるのか、ライフプランにも影響を与えます。加入中はずっと払い込むのが前期払いで、先に払い込みが終わるものを短期払いとして区別しています。

短期払いは1回の払込金額は大きい代わりに早めに終わるため、年齢とともに負担が軽減する方法です。支払総額を計算すると割安になるため、余裕があるなら短期払いがいいでしょう。

健康体割引・健康増進型保険について

加入者が健康なら保険会社も負担が減るため、健康体割引として保険料を割引してくれることがあります。体重やタバコを吸わないなどの条件を満たすことが必要です。

健康増進型保険は、最近出てきた商品で、健康診断の結果が決めた基準以上であれば割引する商品です。還付金があるといったものもあり、中にはウォーキングなどの活動をすることで変動するものまで出てきました。

医療保険を選ぶなら自分の将来も視野に

医療保険は転ばぬ先の杖であり、今現在よりも将来に役立てられるかどうかです。さまざまなリスクを踏まえて選ぶため、現在の自分にプラスしてライフプランを見つめ直してみなければいけません。

その時のリスクは何か、自分に起こる可能性も踏まえ商品を探すといいでしょう。

Related Articles

ライフスタイル

アブラムシの駆除方法とは?発生する原因や予防策、撃退法をご紹介

目次そもそもアブラムシとは? 無農薬でアブラムシを駆除する方法自分で取り除く天敵であるテントウムシで駆除 窒息させる忌避剤薬剤で強制的にアブラムシの駆除病気の予防や治療もできる殺虫殺菌剤夏野菜専用の殺 …

ライフスタイル

蚊取り線香でゴキブリは駆除できる?実際にどれだけ効果があるのかをご紹介

ゴキブリが発生して気分がいい人はいないでしょう。それほど人間の生活環境の中で忌避されてきた生物です。地球上での歴史は人間よりも古く、しぶとい害虫であるのも間違いありません。 本記事では生活を脅かす害虫 …

ライフスタイル

モラハラ夫と離婚したい人必見!円滑に離婚をするためのステップをご紹介

目次モラハラ(モラルハラスメント)の基礎知識モラハラ(モラルハラスメント)とはモラハラをする人が持つ特徴モラハラされやすい人の特徴モラハラは改善できないのかモラハラをする夫(妻)と離婚へ進める手順協議 …

ダイエット ライフスタイル

【健康的に痩せる】辛い運動・食事制限を辞めるオススメダイエット方法!|無理せず脂肪を落とす

ダイエットと言えば運動や食事制限で無理をしがちです。そんな無理なダイエットでは、健康も害しやすいですしリバウンドもしやすくなってしまいます。 健康的に痩せるダイエットというのはイベントではなく、普段の …

ライフスタイル

【要必見】不快害虫の種類と対策方法を紹介!部屋への侵入を未然に防ぐ!

「不快害虫」という言葉を知っていますか? 不快害虫とは、人間や農作物などに直接的な被害を与えることはありませんが、形やビジュアルの不快感や大量発生などで嫌がられる害虫のことを指します。 今回は、そんな …

© 2021 ハピラフマガジン Powered by AFFINGER5