これは内緒の話です #32歳独身OLの話

その頭痛は鼻詰まりからくるもの?それとも他の症状?見極める方法を解説

頭痛に悩まされることが多い人はいますか?頭痛が続く状況は、集中力も失い辛い時間となるでしょう。

短時間で済む場合もありますし、慢性的に頭痛を悩みとして持っている人も少なくありません。状況によっては生命の危険まである状況まで考えられるのです。

本記事ではそんな頭痛の症状について原因や他の症状との見分け方について解説していきます。

副鼻腔炎が頭痛につながることはあるか

辛い状態で見極めにくい部分もありますが、原因として副鼻腔炎も考えられます。副鼻腔炎とは、以前は蓄膿症と呼ばれていました。蓄膿と呼ばれる部分で延焼が起きた状態で、ドロドロになった鼻水が特徴です。この副鼻腔炎による炎症が頭痛を引き起こす場合があります。

あいまいな蓄膿症

副鼻腔炎は、細菌やウイルス感染によって起こる鼻詰まりもあります。炎症の場所は同じですが、一過性で慢性化していない可能性も出てくる原因です。

あいまいな形になっているのは、蓄膿症自体が医学用語ではなく俗名だからです。正式な名称ではなく、そもそも慢性と急性の判断もあいまいで線引きが明確ではありません。そのため、蓄膿付近での炎症はすべて蓄膿症であるといってもいいでしょう。

なぜ副鼻腔炎が頭痛につながるのか

副鼻腔炎は、ほほや両目の間にあります。おでこの下あたりにある空洞で、ここで炎症が起こるのです。目の奥やおでこの辺りが痛みだすことがあり、頭痛に近い状態を起こします。鼻詰まりも同時に進行し、どちらが原因なのか分かりにくくなるのです。

片頭痛や緊張性頭痛などとも似ている点があり、自律神経症状を伴っているところも勘違いされやすいところでしょう。逆に片頭痛を持っている人は、副鼻腔炎を悪化させる可能性もあるのです。慢性化するケースも考えられるため、早い段階で治療を必要とします。

歯や顎の疾患と頭痛の関係

素痛にもいろいろな原因がありますが、原因がよくわからない場合、歯や顎の疾患の影響も考えなければいけません。不定愁訴と呼ばれる状態です。なにかはっきりしないけれど、体の調子が悪いことを指す言葉ですが、この原因になる可能性が歯や顎にもあります。

歯ぎしりと頭痛

寝ているときに歯ぎしりしている状況を感じている人で、頭痛が続くようなら要注意です。これが顎の関節に影響を与え、トラブルになる可能性があります。

歯ぎしりは、普段の生活の中にみられる習慣のひとつです。歯をすり合わせた髪肩であり、睡眠中の歯ぎしりは、ストレスの発散が関係しているといわれています。



他にも肉体的な疲労によって引き起こされる場合などもあり原因はさまざまです、しかし、これが顎関節症などにつながる可能性がある以上、どこかで解決していかなければいけません。

顎関節症は、顎の関節が動かすだけで痛みが出たり動かしにくくなったりする状態です。顎には筋肉や神経も集中しています。顎を動かすと音が鳴ったり痛みが出たりしたときには顎関節症に要注意です。

痛みが頭痛と連動するようになり、慢性化するケースも出てきます。どちらが先に発生したのか判断が難しい部分もあるため、専門医の診断を受けるのが大切です。

クレンチング症候群

歯ぎしりは、なにも夜に寝ているときだけに起こるわけではありません。最近では、日中でも起こるクレンチング症候群が知られるようになりました。

クレンチング症候群はストレスによって引き起こされる症状であり、歯や顎に大きな負担をかけ、頭痛や顔面痛も引き起こします。ストレスに対して起こるもので、歯をかみしめるなど無意識のうちにさまざまな箇所に非常に強い力を掛けるのです。夜寝ているときにも起きますが、意識して起こしていないくせのひとつとして考えられています。

本人は意識していないことから、気が付いていないこともあるのが怖いところです。この日常的な繰り返しが、顎をはじめ大きなダメージにつながります。頭痛で悩んでいても、自覚が全くなく、原因として気が付かない場合もあるのです。

予防方法として取られてきたのは、くせとして認識し対処していくことです。ストレスがたまったときに歯に力を入れないようにするとともに、自分で発散できる方法をはっきりとさせます。ガムをかんだりするのも方法ですが、あまりにひどい場合には、マウスピースを使って対処する方法もあるため、専門医に相談するのが大切です。

月経前症候群(PMS)と頭痛の関係

月経前症候群(PMS)とは、月経の前の3日~10日に表れる不調のことです。女性のうち5~8割モノ女性が感じているといわれており、主に20~30代に見られやすいと考えられています。

特徴としては、整理が始まると症状が変化する人が多く、まったく不調を感じなくなる人さえいるのです。

月経前症候群(PMS)の原因なのは、女性ホルモンの分泌量の変化であると考えられます。急激に変動した結果、体の変化に対応できず不調を感じるのです。



一般的に月経前症候群(PMS)の症状は、イライラや感情が抑えきれず涙が出る、不安感、不眠、普段では感じない肌荒れがあります。これらは身体症状精神症状に分けられます。

頭痛は典型的な身体症状ですが、動機や関節痛、手足のむくみなども感じる人が多いでしょう。食欲の変化とともに、体重増加なども見られます。片頭痛が女性に多いといわれるのも、この月経前症候群(PMS)が関係している部分が分かってきました。

女性の場合、片頭痛で悩んでいる人は、3人に1人以上いるともいわれています。これは男性に対して4倍弱の数値であり、非常に多くの女性の悩みになっているのです。



女性ホルモンの分泌量の変化がかかわっており、特にエストロゲンが関係しているといわれるようになりました。

女性ホルモンであるエストロゲンが減少する時期が排卵時です。分泌量の急激な現象がみられ、セロトニンやカルシトニン遺伝子関連ペプチドなど神経伝達系物質のバランスも崩れます。

これが脳の血管の拡張収縮に影響を与え、片頭痛が起こると考えられているのです。月経時片頭痛とも呼ばれていますが、全長もない場合が多く、痛み止めも聞きにくいため、非常に辛い状況となります。

治らない頭痛は専門医へ相談

頭痛にはさまざまな原因が隠れています。鼻詰まりなどもその原因のひとつにすぎません。なかなか解決しない悩みとなりやすいのが頭痛ですが、最も怖いのは脳内原因が隠れているケースでしょう。自分で原因に思い当たる節がない場合には、専門医に診断してもらうことをおすすめします。できるだけ早い判断と処置が、解決への糸口となるからです。