これは内緒の話です #32歳独身OLの話

【2021年最新】入浴剤・入浴料の人気ランキング おすすめの選び方もご紹介

入浴剤は、体をリフレッシュするためにとても便利です。そのまま普通に入浴をするよりも肌に優しいと感じるでしょう。

また入浴剤はさまざまな効果が発揮するように作られており、そのひとつとして温熱効果があります。

本記事では入浴剤を使うメリットやおすすめの商品をご紹介します。

入浴剤を使うメリット!使わないほうがいいタイミングもある

温熱効果は体をポカポカと感じさせてくれる役割で、逆に冷感作用を持った入浴剤も作られるようになりました。単純に温かく感じるだけではないところも入浴剤の面白さです。

高い保湿成分も入浴剤の特徴です。多くの入浴剤は、水道水の中に含まれている塩素を中和すると肌に対する刺激を下げ、潤いを与えてくれます。

どんなに優れた入浴剤でも、肌の状態に合わない場合も出てきます。幼い赤ちゃんにとっては、入浴剤自体が刺激に変わる可能性もあるのです。生後3ヶ月未満の赤ちゃんと一緒に入浴するなら、入浴剤は控えたほうがいいでしょう。

温熱効果が強い入浴剤は、かなり熱く感じますし、発汗も促し過ぎることがあります。夏場の気温が高い日には、温熱効果のあるタイプの使用はやめておきましょう。

入浴剤・入浴料の選び方のポイント

入浴剤や入浴料を選ぶときは、メリットを生かすためにも安全に使えることが大切です。そのための4つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

① 「医薬部外品」「浴用化粧品」の確認

入浴剤が入浴料にはいろいろな商品があります。その中でパッケージの裏を見ると、医薬部外品や浴用化粧料と書かれた文字が目に入るでしょう。

医薬部外品とは、厚生労働省が許可した成分が含まれています。効能効果を期待して利用するのなら、医薬部外品であるものを選ぶのが基本です。浴用化粧料は、医薬部外品よりももう少し効能効果が緩やかになります。

これ以外は雑貨に分類されます。商品の内容としてもはっきりしないものが多く、本当に自分が目指した効能効果を期待できない可能性があるのです。成分を読んでも分かりにくい入浴剤や入浴料が多いため、医薬部外品や浴用化粧料の表示を見つけることが大切です。 

② 自分が求める効果は何か?あったものを見つける

入浴効果を期待して入浴剤や入浴料を使う以上、自分が求めるものと合致していなければ意味がなくなります。そこで成分のチェックが重要なのです。

・肩こり・疲労回復なら「炭酸ガス系」

炭酸ガス系の入浴剤は、お湯の中に溶かし肌から吸収させます。これにより新陳代謝を向上させ、入浴効果を高めるのです。体感的なお湯の温度も上がり、肩こりや疲労回復に役立ってくれます。 

主にターゲットになる成分は、炭酸水素ナトリウムで錠剤が基本です。錠剤になっていると溶ける時間がコントロールしやすく、お湯の中で効率的に働きます。

・「酵素成分」「保湿成分」はスキンケアにピッタリ

酵素成分が含まれている入浴剤は、肌の表面にある古い角質を落としやすくなります。汚れも取り除きやすくなるため、美肌効果を求める人にはぴったりです。タンパク質分解酵素やパパインなどが主な成分になるので注目しておくといいでしょう。

保湿を求める場合には、ホホバオイルコメヌカエキスセラミドなどが向いています。肌の乾燥を抑えるのにも役立つため、年齢とともに気になるカサカサ肌などに対処できる成分です。冬場などの乾燥しやすい時期にも役立ちます。

・温泉の感覚を求めるなら「湯の花」「硫黄成分」配合

入浴剤や入浴料を使って温泉気分に浸りたいとき、役立ってくれる成分が湯の花や硫黄成分です。温泉にも含まれている成分であり、香りや湯ざわりなども、まるで温泉に入ったかのように楽しめます。ただし独特の匂いがつくため、好き嫌いもはっきり出てくるでしょう。製品によってもかなり違いが出てきます。

③ リラックスには香り!柑橘系やハーブの香りが手助けしてくれる

入浴剤や入浴料を使ってリラックスしたいときは、香りを重視すると良いでしょう。人間は香りに敏感で、さまざまな影響を受けます。人間の体をリラックスさせてくれるのが柑橘系の香りで、体だけではなく脳や精神的な疲労もとってくれるのです。

お風呂に入ると香りの良さで心地よく感じる瞬間があるでしょう。これがリラックスした状態で、ハーブの香りも手助けしてくれます。寝つきが悪いときなどはラベンダーを使うだけでも違いが出てくるのです。好き嫌いはありますがヒノキやヒバの香りも同じような効果があります。 

④ 日常使いならコスパがポイント!残り湯洗濯も確認

日常的に使いたいときには、コストは重要な意味を持ちます。1回あたりいくらになるのか計算してみると良いでしょう。個別梱包になっている状態よりも、ケースに入っているほうがコストは抑えられます。

残り湯洗濯をするなら、パッケージ確認が大切です。入浴剤や入浴料のパッケージには残り湯洗濯ができるかどうかが記載されているものがあり、これらを使えば色移りや匂いなどの心配がありません。生地にダメージを与えるような場合もあるため注意しておくといいでしょう。

売れ筋の人気入浴剤・入浴料を徹底比較!

ライオンケミカル バスリフレ ミルキーグリーンの湯 森の香り 薬用入浴剤 ローヤルゼリーエキス配合 680g しっとりプルツヤ入浴

森の香りがとても爽やかな入浴剤です。ミネラル成分を配合してあり、温浴効果が高いのが特徴で血行促進によって肩こりなどの改善が目指せます。入浴後も体がポカポカした感じが持続し、肌にも潤いを感じるようになるでしょう。医薬部外品の扱いで、 産前産後の冷え性にもぴったりです。

アース製薬 保湿入浴液 ウルモア クリーミーフローラル

引用元:アース

しっとりとした肌が続く高い保湿力を持っています。潤いを与えてくれるベール成分ポリクオタニウム‐10が含まれているためです。

乾燥肌の人にもぴったりで、冬の寒空にさらされた肌のケアにも役立ってくれます。女性にも高い支持を受けているクリーンフローラルの香りが漂い、お湯の色も乳白色となるためリラックスした時間を過ごせる入浴剤です。こちらは浴用化粧品に該当します。

バスクリン バスクリンマルシェ オレンジの香り

自然由来成分だけで作られている入浴剤で、医薬部外品の指定を受けています。香りも天然精油100%であり、合成されたものが使われていません。オーガニック認証を受けたホホバオイルも配合してあり、自然由来の色素を使って色もつけられています。

オレンジの香りは清々しく、混じり気のない香りを楽しめるのです。優しい香りの配合なので、強い香りが苦手な人にも向いています。 

花王 バブ メディキュア 柑橘の香り

引用元:メディキュア

値段もお手頃な薬用入浴剤で、高い温浴効果を持っています。同じ花王のバブと比較すると、泡が10倍にも増量されている入浴剤です。忙しい毎日が続く現代人にとって、お風呂に入る時間はとても大切ですが、肉体的にも疲れを取り除きやすくしてあるところが特徴となっています。

香りは抑えてあり、わずかに柑橘系が漂う程度です。男性で香りが気になる人にも、ちょうどいい設定といえます。

ツムラのくすり湯 バスハーブ(医薬部外品)

引用元:ツムラ

漢方薬のツムラらしく、有効成分の100%が生薬エキスなのが特徴の入浴剤です。ハーブの香りが漂ってくるため、好き嫌いはありますが、気持ちも落ち着きやすい香りになっています。

自分の気に入った入浴剤・入浴料をみつけよう!

入浴剤や入浴料は、かなりの数が販売されています。その中から自分に合ったものを見つけるのは簡単ではないかもしれません。しかし、成分の記載情報もうまく利用すると導き出せる部分があるのもわかるでしょう。どんな目的なのか、注意点は何かを踏まえて見つけてみてください。