これは内緒の話です #32歳独身OLの話

虫を駆除するには?一人暮らしの生活で効果的に虫を退治する方法

ひとり暮らしの中で、害虫が発生するのはできるだけ防ぎたいところです。ひとりしかいない以上、昼間は害虫が何をしているのかもわかりません。

仕事などから帰ってきても、ひとりで生活している中で、見えないところで害虫が生息していると思うだけで、ぞっとするケースもあるでしょう。

だからこそどのように害虫を退治するべきなのか、効果的な駆除方法をご紹介するので是非実践してみてください。

一人暮らしの害虫対策の基本

ひとり暮らしの環境下で、害虫対策は重要な意味を持ちます。自分がいない時間に繁殖する可能性もあるためで、大きな被害につながらないように対策しなければいけません。

侵入させない

一番の基本は、部屋の中に侵入させないことです。侵入しなければ、ひとり暮らしであろうとも何ら心配する必要がありません。

侵入させない方法はいくつもあります。どんな害虫でも外部から入ってくるため、経路が必要です。この経路を遮断するのが重要ポイントになるでしょう。

窓や玄関を開けっぱなしにしない、開けたとしても網戸で遮断する方法が上げられます。もちろん、網戸に隙間があれば侵入する可能性があるため、確実な隔離が条件です。

ゴキブリなどにも有効ですがほんのわずかな隙間でも入られてしまう可能性があるため、忌避剤をまいて侵入させない方法もあります。

見える隙間から入られるだけではなく、クーラーの配管の隙間や止めた換気扇からも侵入します。隙間があればどこからでも入る以上、根本的な対策をしなければいけません。

ドレンホースなどの周りの隙間は市販のパテなどで埋められます。換気扇にも専用のフィルターを付けることで対策可能です。

清潔に保つ

害虫がなぜ侵入するのか、その理由はエサがあり生活できる環境があるからです。エサとなるものは害虫によっても違いますが、清潔な環境を保つだけでも違います。

特に生ごみをエサにする害虫は数多く、放置すれば非常に大きな問題を生み出します。

問題は生ごみだけではありません。油や水でさえ害虫のエサになるからです。人間の髪の毛や皮脂汚れも害虫にとっては栄養源でありエサと変わります。清潔な環境を作り上げることこそ、大事な対策になるでしょう。

一人暮らしで害虫に出会ってしまったら?

どんなに対策を施しても、すべての害虫に対応できるわけではありません。なによりも自分が部屋の外から出入りしている事実を忘れてはいけないからです。

ひとり暮らしの中で害虫を見つけたときに、どのように対応するか考えておきましょう。

ゴキブリ対策

ゴキブリが最も苦手とするのが寒さであり、15度を切ると活動できなくなります。しかし、部屋の中は温かく、ゴキブリにとってピッタリなのです。

もしも、ゴキブリを見つけたときには、ひとり暮らしなら専用の駆除スプレーがいいでしょう。特に掛けるだけでマイナス冷却させ、一時的に凍らせてしまう殺虫剤が販売されています。

シンプルな方法ですが、たとえその場で始末できなくても、壊死させてやがて死んでしまうのです。毒性もないもので、使い勝手にも優れます。

ゴキブリの問題は、発見と駆除だけではありません。1匹いたという現実は、実は見つけていない個体がもっと多くいる可能性があるのです。

経路の遮断はもちろんですが、巣ごと退治できる殺虫剤などで対策しましょう。燻蒸剤も有効ですが、住んでいる場所によっては、周りにも影響を与えるため注意が必要です。

ダニとノミ

見えるサイズの場合もありますが、非常に極小で気が付かないケースがあります。特に動物を触った後には注意しなければいけません。

動物が足元にまとわりつかれたときに卵や成虫が移る場合もあります。どんなに経路を遮断しても、自分で持ち込む可能性がある害虫といえるでしょう。

ひとり暮らしでダニやノミなど何か異常を感じたら、徹底した掃除が大切です。ホコリやフケ、垢といったものがエサであり、掃除をして清潔な環境を作ります。駆除用のスプレーなども販売されているため、予防策として使うのも有効な方法です。

蚊とハエ

人間の生活域には確実存在するのが、害虫として非常にメジャーな蚊とハエです。迷惑な害虫であり、病気を蔓延させる元になるなど、人類の敵としても認識されてきました。

世界の人口を最も減らす原因なのは、実は蚊なのです。

蚊は人間の吐き出す二酸化炭素に寄ってきます。つまり、対策としては近寄らせないのは、なによりも難しいのです。

ですが、行動できる範囲は狭く、ふ化した場所から数mしかありません。その発生源を断てば安全となるでしょう。そのポイントがベランダなどにたまる水です。

バケツなどにたまった水にボウフラとして繁殖するケースが多いため、しっかりと片付けてしまうのが有効な対策となります。

ハエの場合、大きな種類もいますが、コバエもかなり迷惑な害虫です。コバエはハエの小さい個体ではなく、別の種類にあたります。

10日というサイクルでふ化してくるため、非常に増えやすい存在です。生ごみを放置しないでおくのが基本対策で、排水溝などもしっかり掃除しておきましょう。一度発生すると駆除が難しいため、専用の駆除剤で対策する必要もあります。

害虫駆除しないでも済む物件の条件

虫が出にくい物件を選ぶポイントはいくつもあります。その基本は築年数が浅く新しいことが挙げられるでしょう。

古くなれば古くなるほど隙間も生まれ、侵入されやすい環境ができます。特に木造の物件は害虫が住み着きやすい条件を持っているので注意が必要です。 

商業物件と組み合わせである住宅にも注意しなければいけません。1階が飲食店で、その上が住居になっていると、どうしても害虫のリスクが高まるからです。

これはコンビニエンスストアなどでも同じことがいえます。人の出入りが多い環境ほど害虫の被害も高まるため、オフィス環境にも注意した方がいいでしょう。

自然のある環境は生活する上で安らぐ大事なポイントですが、虫が好むことも確かです。公園が近くにあるようなところや、用水路に面しているとリスクが高まります。

どんなに管理しても虫が発生する可能性が出てくるため、一人暮らし例外中に悩まされるのが嫌であれば、このような物件は避けるのが賢明です。

汚れも虫が寄ってくる原因となるため、共用部分が清潔な環境を選ぶべきです。誰が管理しているかによっても違いがありますが、候補の物件は時間をずらしながらチェックしてみると良いでしょう。

引越し直後には燻蒸消毒

新しい物件に引っ越した場合には、害虫駆除をするチャンスです。燻蒸消毒してしまえば、多くの害虫は駆除できます。しばらくは発生しにくい環境を維持できるため、ひとり暮らしならやっておいて損はないでしょう。

特に荷物を運びこむ前なら、障害となるものがないので効果が高まります。

ひとりでも安心できる環境のために

害虫は思っている以上に簡単に侵入してきます。ひとり暮らしの場合には、しっかりと侵入経路を断ち、エサを与えない清潔な環境を作りましょう。

それでも、すべては排除できないことも出てきます。忌避する植物を置くのも有効となるため、自分がいない時間も侵入されない環境を作り対策することが大切です。