これは内緒の話です #32歳独身OLの話

140万円あった地獄のリボ払い完済!その方法をお伝えします!

リボ払いの借金ですが、かなり苦しんでる人が多いでしょう。そこから抜け出した経験から、対策を解説していこうと思います。

140万円のリボ払いの借金と返済

140万円にも及ぶリボ払いを抱えていたとします。リボ払いは正確には借金とは違いますが、便宜上借金と呼ぶことにしましょう。

リボ払いを使っていたクレジットカードは2枚です。1枚が限度額が100万円ぐらいで95万円使って、もう一枚は限度額50万円で45万円とします。リボ払いで苦しんでいる人なら珍しいものではありません。

単純に140万円の借金というだけでも終わっていますが、それ以上にリボ払いには、地獄のような悪循環が待っているのです。

ほとんどの人はリボ払いは買い物に使っているでしょう。魔法のようで何でも簡単に買えると勘違いします。見栄やノリで消費するケースも多く、携帯電話などの支払いから遊びまでなんでも使うはずです。

ここまでくると毎月の返済で、元本はほぼ減りません。事実から目をそらしたくなりますが、もう抜け出せない状態になるのです。

もうどん底ともいえる状態ですが、ここから抜け出す方法を模索してみましょう。
ただ忘れないでください。大事なことはリボ払いでここまでの状況に陥らないことです。使わないことが一番なので、これほど怖いものなのだと認識していただきたいとも思っています。

リボ払いの返済に魔法や裏技はない

リボ払いを返済するにあたって、魔法や裏技はありません。地道に返済する方法しかないからです。

方法としては以下のものになります。

・固定費の削減

・とにかく働く

・遊びに使わない

・遊び自体を減らす

・その分の時間で働く

何も手品も魔法もありません。これだけの苦労をしなければ、リボ払いは返済できないのです。ひとによっても違いますが、10万円から20万円の返済もできるでしょう。実際に実現した人も多くいます。
条件として、返済中にリボ払いの使用は絶対禁止です。絶対にしないでください。せっかく返済しても、さらに金利を支払う結果にしかなりません。

固定費を削る

固定費は、毎月必ずかかるお金なので真っ先に削減します。

家賃に10万円支払っていると仮定して、5万円の物件に移れば、これだけで5万円の返済が可能です。実家に戻って家賃0になれば、10万円の返済ができます。

生活のクオリティーが下がるかもしれませんが、借金返済をしてまた引っ越せばいいだけです。

サブスクリプションのサービスをやめたり、スマホを格安SIMにしたりするのも固定費を減らす方法です。他にも毎月決まってかかっている費用があるでしょう。こうした固定費を真っ先に削るだけで、返済額を大きくできるのです。

金利をとらずに貸してくれるところがあるなら、借り換えが一番確実です。しかし、誰でもできる選択ではありません。固定費の削減は誰でもできることなので、大きな意味と価値が出てきます。

とにかく働く

とにかく収入を上げることで、返済が楽になります。10万円返済するとなれば、倍以上の収入がなければ不可能です。生活していくのにはお金が要ります。そうなれば、収入を増やすしかありません。

ブラックだといわれるかもしれませんが、普段の仕事のほかに副業をするのも方法です。とにかく働いて稼げば、リボ払いから明日が見えてくる可能性が広がります。月に5万円収入を増やせば、これを返済に回せるはずです。

トリプルワークなどもあるかもしれませんが、リボ払いの返済が終わらない地獄よりも楽です。いつになっても減らない元本を抱えるより、少しでも早期に返済していきましょう。リボ払いの設定金額以上に返済すれば、直接元本を減らせるのです。元本が減れば、それだけ金利の支払いから抜け出せる以上、収入を作り返済するのは有効な手段となります。

遊びに使わず減らす

リボ払いの借金があるときには、出費はカットしないといけません。基本は遊びの部分です。生活の上で、遊びはほとんどいりません。遊んでいると、働く時間も減るはずです。

その分働いたら、収入が増えて借金を返せます。

リボ払いの怖いところは、次々に借金を重ねるところです。1万円の返済なら、いくら積み重ねても怖くないと思いがちになります。定額返済によって借金という恐怖感が薄れてしまうからです。

その定額返済には利息も含まれており、思っているより元本は減りません。毎月遊びに積み重ねれば、さらに減らなくなります。やがて限界を超える日が来る前に、使わないで封印するのが大事なポイントです。

生きていくうえで必要なものはもうある

いきなりショッピングとかゼロにするのは簡単ではないかもしれません。言うのは簡単で、実践すると難しいのも確かです。しかし、考え方を変えてみましょう。

「生きていくうえで必要なものはほとんどそろっている」

自分の周りをみて、生きていくために必要なものはほとんどあるはずです。余計な買い物などをしないでも、必要なものはそろっているでしょう。なら、リボ払いも使わずに生活できるはずです。

ずっと我慢するわけではありません。返済が終われば、必要になるものは買えばいいわけです。必要のないものにリボ払いを使えば、永遠に抜け出せません。

余計なものを減らすと、必然的に時間もできます。この時間を働くために充てられるはずです。収入が増えれば返済速度も上がります。月に20万円以上返済するのは、こうした選択肢からしか生まれないのです。

金利の低いところへの借り換えもあります。しかし、借金がなくなるわけではありません。返済速度を上げるほうが、よほど有効な手段となるのです。

リボ払いの返済が終わり変わった人生

リボ払いが終わってみると、人生が変わったと感じるでしょう。借金に縛られた生活は、半分終わっているといっても過言ではありません。地獄のような日々から抜け出すためには、できるだけ早く行動しましょう。

100万円を超えたあたりで、リボ払いはいくら返しても追いつかなくなってきます。金利手数料でがんじがらめになり、人生終わりだとさえ思えてしまうのです。

借金がなくなれば、解放されたと感じます。借金返済に使っていたお金も自由に使えますが、今度は計画的にできるでしょう。借金の怖さがわかれば、反動で使うこともないはずです。
リボ払いを続けていれば、借金返済の地獄しか待っていません。リボ払いで遊び、楽しく過ごしているつもりが、人生を締め付けていることに気づきましょう。