これは内緒の話です #32歳独身OLの話

引っ越し保存版! 物件選び 後悔しないために覚える事8選

これから引っ越しをしようと考えている人の中で、物件選びで悩んでいる人は多いでしょう。

物件は簡単に変えることができないので、非常に重要なポイントになります。しかしながら、どのように物件を選べば良いのか分からない人が大半のはずです。

そこで本記事では、物件選びで後悔しない為のポイントを8つに厳選して徹底解説しました。

この記事を読むことで、これからどのように物件を選べば、後悔しないで暮らせるのかを知ることができきます。これから物件選びを始めていく人は、是非最後までご覧下さい。 

物件選びで後悔しない為のポイントを8つ紹介!! 

それでは、物件選びで後悔しない為のポイントを8つに厳選して紹介していきます。

これから紹介する8つのポイントを意識して物件を選ぶことで、後悔しない良い物件を見つけることが可能です。

その町の夜を見れば大体わかる 

物件選びで大事なのは建物の内観だけでなく、治安や外の雰囲気も生活をする上で大切なポイントになります。

過ごしやすい生活を送りたいのであれば、住む街の夜の状態を確認しましょう。

交通通りが多い場所だと、夜もうるさくて寝られず、過ごしにくい生活になる可能性があります。また、人通りが多ければ、夜でもうるさくなる可能性が高いです。

自分が住もうと考えている町の夜の状態を確認して、しっかりと過ごしやすい生活ができるのか確認しておくことをおすすめします。

地域の治安はコンビニをみよ 

地域の治安はコンビニを見れば、概ね判断することが可能です。

例えば、女性誌が20%を超えているコンビニの地域の治安は良いと言われています。

他にも、コンビニのトイレを自由に使える地域は治安が良い可能性が高いです。コンビニが自由に使えない地域は、それだけ客層が悪いということなので、治安が良くない可能性が高いと判断できるでしょう。

掲示物の掲載日時 

掲示板の掲載日時が新しい地域は、管理が行き届いているので治安が良いと言われています。

また、掲示板を確認すると、地域の問題などが掲載されているので、物件を選ぶ前に確認しておきましょう。

問題が多く書かれている地域は治安が悪い可能性があるので注意が必要です。

マンションの共同部分 

マンションの共同部分が綺麗な場合は、しっかりと住民が綺麗に使えているので、過ごしやすい環境が整っていると言えるでしょう。

言い換えると、共同部分を汚く扱うマナー違反の人が多いマンションは、住むのはおすすめしません。

部屋に携帯の電波が入るか 

携帯は生活する上で欠かせないので、電波が入るのか確認しておきましょう。

電波が入らないのであれば、どれだけ内装が綺麗でも、生活が大きく不便になるのでおすすめしません。

また、Wi-Fiが用意されているマンションであれば、本当に不便なく利用できるのか確認しておきましょう。

おとり物件に騙されない 

良い物件が掲載されている不動産屋さんに行くと、本当は既に契約が決まっていて、違う物件を紹介されることがあります。

あまりにも良い物件があったとしても、それをおとりにお客様を来店させて、違う物件を紹介しようとする不動産会社は多いです。

おとり物件をするような不動屋さんは信頼性が低いので、違う場所で不動産を探すことをおすすめします。

コンセントの位置と数 

コンセントは家電などを使う際に必要になるので、位置や数はしっかりと確認しておきましょう。

例えば、コンセントの位置が天井にあると、非常に不便で使いにくいのでおすすめしません。

しかしながら、内装が良くてどうしてもコンセントの位置に不満がある場合は、蛸足配線や延長コードで代行することも可能です。

コンセントは生活する上で必須の重要なポイントになりますが、代替できる方法はあるので安心して下さい。

家賃が相場よりも極端に安い場合 

家賃が相場よりも極端に安い物件は、念のために不動産会社に確認しましょう。

あまりにも相場と実際の家賃に乖離があるのであれば、事故物件の可能性が極めて高いです。

一般的な不動産であれば事故物件であることを伝えますが、お客様から家賃が安い理由を聞かれなければ全く事情を話さないケースも珍しくありません。

事故物件に対して嫌な感情がないのであれば問題ありませんが、そのような場所に住みたくないと考えているのであれば、家賃が相場と大きく乖離している物件は不動産屋さんに確認するようにしましょう。

まとめ

本記事では、引っ越しをする際に最も重要な物件選びのポイントを8つに厳選して紹介しました。

物件は家具・家電と違って簡単に変えることができず、1度選択に失敗すると非常に大きな後悔が残ります。

これから物件選びを始める人や、将来的に住む物件を簡単に探している人は、本記事で紹介した8つのポイントを意識して物件選びを行いましょう。