これは内緒の話です #32歳独身OLの話

花粉による鼻水はどう対策する? 鼻炎が起こるメカニズムと予防策を解説

特に風邪の症状があるわけでもないのに、鼻水が出たり鼻が詰まったりする経験はありませんか? それはもしかしたら花粉症による鼻炎かもしれません。 この記事では花粉症による鼻炎が起こるメカニズムとその予防対策などについて解説します。 

花粉症(アレルギー性鼻炎)による鼻炎とは?

花粉症とは「アレルギー性鼻炎」のことをいいます。アレルギー性鼻炎は、空気中に浮遊している花粉やハウスダストなどの原因物質である「アレルゲン」を吸い込むことで起こるアレルギー疾患です。

アレルギー性鼻炎の主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり透明でさらっとしている鼻水や発作的に連発して起こるくしゃみが特徴的です。

アレルギー性鼻炎の原因になるのがスギやヒノキなどの花粉ですが、これ以外にもホコリやハウスダストなども原因となります。

 花粉症は毎年同じ季節に起こるので、「季節性アレルギー性鼻炎」とも言われ、ハウスダストなどが原因の場合は、季節とは関係なく年間を通して発生するので「通年性アレルギー性鼻炎」と言われています。 

そもそも鼻炎とは?

そもそも鼻炎とは、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状をひき起こす『鼻の疾患』のことです。鼻炎を引き起こす原因となるものには、ウイルスやアレルギーの原因物質(花粉やダニハ、ウスダストなど)があります。

これらの異物が体内に侵入すると体は、これを排除しようと反応します。この働きによって鼻の粘膜にある知覚神経が刺激されてくしゃみが出ます。 つまり、原因物質によって鼻の粘膜が炎症を起こして、くしゃみや鼻水が出るのが鼻炎です。

その鼻水は風邪?それともアレルギー?

いったいこの鼻水は、「風邪なのか、それとも花粉症?」と迷ってしまう方は多いと思います。しかし、同じような鼻水の症状でも、それぞれ特徴があります。

アレルギー性鼻炎の場合は、「透明でサラサラしていて、鼻水はとめどなく出る」のが特徴で、風邪の場合は「初期から症状がひどく、状態は初めがサラサラで次第に粘り気が出てくる」のが特徴です。 

・風邪とアレルギー性鼻炎の症状の違い(鼻水)

     病名      鼻水の症状
花粉症・アレルギー性鼻炎透明でサラサラしている。鼻水がとめどなく出る
風邪初期から症状がひどい、初めはさらさらで次第に粘り気

アレルギー性鼻炎のメカニズム

アレルギー性鼻炎が起こるメカニズムは、「抗原抗体反応」によるものです 。抗原抗体反応とは、体の中に異物となる「抗原」が侵入した時に、これに応じてリンパ細胞で作られる抗体(免疫グロブリン)と抗原とによる、特異な結合によって生まれる反応です。 

具体的に言うと空気中を浮遊しているアレルギー性鼻炎の原因となる、スギやヒノキなどの花粉(抗原)が鼻の粘膜に付着することで、体内の中で抗体が作られてマスト細胞という名前の細胞とくっつきます。

その後、抗原が再び侵入するとマスト細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出されて、ヒスタミンを受ける鍵穴(ヒスタミン受容体)と結合することでくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー反応を起こします。 

アレルギー性鼻炎の主な症状と効果的な薬とは

アレルギー性鼻炎(花粉症)の主な症状は、透明でサラサラした鼻水、鼻づまりと発作的に連発するくしゃみ、目のかゆみなどがあります。症状が重くなってしまうと頭痛やだるさ、不眠、皮膚のかゆみなども引き起こす場合もあります。

症状の中で特につらいのは「鼻水・鼻づまり・くしゃみ」です。多くの花粉症の方が苦しむこれらの症状について、もっと具体的に掘り下げてみましょう。 

つらい鼻水・鼻づまり・くしゃみの症状

鼻水の症状

アレルギー性鼻炎の場合は、同じ鼻水の症状でも風邪が原因で起こる症状とは違った特徴を持っています。 

風邪の場合は「やや粘着性があり黄緑がかった色」をしています。これに対しアレルギー性鼻炎の鼻水は「粘り気がなくさらっとした透明感がある」鼻水が、切れることなく出てくるが特徴です。

鼻づまりの症状

アレルギー性鼻炎によって鼻づまりの症状が起こるのは、アレルギー反応で鼻粘膜が腫れることで、鼻から喉への通り道が狭くなることが原因です。

また、鼻が詰まると自然に口呼吸になるので口のかわきや 咳の症状が出たり、場合によっては匂いを感じにくくなるため、食事の時に味が分かりづらくなってしまいます。

くしゃみの症状

くしゃみは鼻の粘膜に付着した花粉を排除しようとして起こる症状です。 アレルギー性鼻炎のくしゃみは、発作的に連続で発生するのでとても苦しく、ほとんどの花粉症の人が悩まされている症状です。 

アレルギー性鼻炎を和らげる薬・抗ヒスタミン剤 

抗ヒスタミン剤は、アレルギー性鼻炎の症状である「くしゃみ鼻水皮膚の腫れかゆみなど」の症状を抑えます。働きとしては、体の中でヒスタミンとH1受容体との結合を抑える働きをしています。

副作用としては、「眠くなる集中力が低下するおしっこが出にくくなる緑内障が悪化する」などです。

 

アレルギー性鼻炎を防ぐための予防対策8つ

アレルギー対策のポイントは、基本的にアレルギーを引き起こすものに触れないことです。 アレルギー性鼻炎も同じで、できるだけスギやヒノキなどの花粉を浴びないようにすることです。

その他にも生活習慣の見直しをして、健康的な生活スタイルを身につけることも大切ですね。 ここではアレルギー性鼻炎を防ぐための予防策を8つ紹介していきます。

対策1 【情報収集】

できるだけ花粉を浴びないようにするには、毎日の天気予報や花粉の飛散情報などをこまめにチェックし、状況によっては外出を控えたり、予定変更を行ったりして情報を生かした対策を心がけましょう。

また花粉情報を配信しているアプリサービスなどもあるので、 アプリ登録して花粉情報をタイムリーにキャッチ、管理していくことも有効です。

対策2 【メガネやマスクでしっかりガードする】

花粉シーズンが到来している時は、お出かけ時に鼻や目の中にスギなどの花粉が付着しないようにマスクやメガネ、つばの長い帽子などで完全ガードしましょう。 

対策3 【洋服はツルツルの素材にする】

花粉シーズンの外出は、スギ花粉の真っ只中に身を投じるようなものです。 出かける際はフリース素材やウールのセーターは避けて、花粉が付着しないようにツルツルした素材のレザージャケットや、トレンチコートを着用するようにしましょう。 

対策4 【帰宅時に玄関先で花粉にサヨナラ】

スギ花粉を家の中に持ち込まないことが、予防対策の生命線になります。 帰宅したら必ず、玄関先で髪や衣服についた花粉をしっかりと払いましょう。 

対策5 【帰宅後は花粉をしっかり洗い流す】

帰宅したらまずは、「うがい手洗い目の洗浄洗顔」を必ずしましょう。また、外出時の服を着替えることも忘れないでください。できればシャワーを浴びて髪の毛についた花粉も洗い流せば完璧ですね。

対策6 【こまめに掃除して花粉を排除】

部屋の掃除をこまめにして、24時間ずっと空気清浄機をかけておくようにしましょう。 綺麗な空間は、鼻づまりなどが和らぎ良質な睡眠を約束してくれます。

対策7 【健康的な生活スタイルの実現】

花粉症の悪化を防ぐには、健康的なスタイルを実現して免疫力を高めることです。バランスのとれた食事や十分な睡眠をとること、規則正しい生活をおくりストレスを抱えないことで体調を整えましょう。

対策8 【症状が出る前に先取りして薬を飲もう!】

花粉症の治療では症状を抑えるために内服薬を飲むのが主流です。 薬は症状が出始めてから飲むよりも、出る前の2月初旬頃から飲み始めましょう。 このような服用方法を初期治療といってより高い効果が期待できます。

生活品質を下げないために予防対策をしっかりと!

アレルギー性鼻炎のつらい症状によって、パフォーマンスが落ちることが懸念されています。 パナソニックが2020年1月に行なった調査では、花粉症が影響した生産性の低下による経済損失は、1日当たり約2,215 億円という驚きの報告がありました。

私たちの日常生活のクオリティを下げないためにも、この記事で紹介された予防対策を実 行して、アレルギー性鼻炎(花粉症)に備えましょう。