これは内緒の話です #32歳独身OLの話

不倫とは? 不倫の定義や男女別に不倫する理由、不倫のリスクを解説します

よく芸能人などのスクープ記事で、浮気や不倫などの単語を見かけることがありますが、具体的に定義の違いを把握できていない人は多いでしょう。

浮気と不倫は意味が似ているので定義が曖昧になりますが、明確に意味が違います。

そこで本記事では、不倫と浮気の定義の違いについて徹底解説しました。それだけでなく、女性と男性に分けて不倫する理由の違いや、不倫のリスクなどもまとめています。

不倫について明確に知りたいと考えている人は、是非最後までご覧ください。

不倫の定義 浮気との違いは?

早速ですが、不倫の定義とは結婚している人が、特定の異性と継続的に肉体関係・恋愛関係を持つことを意味します。

不倫の定義において重要なポイントは、「継続的」「結婚している」という点です。

例えば、継続的ではなくワンナイトラブなど単体的な関係は、不貞行為と言われます。

また、よく勘違いされる浮気は、結婚していない状態で特定の異性と継続的に肉体関係・恋愛関係を持つことです。

不倫と浮気はよく一緒に利用してしまう人がいますが、結婚している状態なのかが重要なポイントになると覚えておきましょう。

不倫の理由 男性のケース 

それでは、男性が不倫する理由を紹介していきます。

環境の変化  

環境の変化によって出会いが生まれ、不倫してしまう男性は非常に多いです。

例えば、職場が変わったことで新しい異性と出会い、不倫に発展してしまうケースはあるでしょう。

もし配偶者に何かしらの新しい出会いが生まれる環境の変化が起きた場合は、不倫の機会が発生するので注意が必要です。

セックスを拒まれた  

セックスを拒まれると男性は何かしらの形で性欲を発散しようと考え、不倫してしまうケースがあります。

もしパートナーにセックスを打診されたら、できるだけ応えるようにしましょう。

あまりにも断り続けていると、違う女性で性欲を発散しようとするので不倫される可能性があります。

同窓会などの昔の彼女と再会  

同窓会などで昔の彼女と再会すると、そのまま恋愛関係が戻ってしまう可能性があります。

もし配偶者が元カノと再会する場面があるのであれば、かなり注意しておくべきだと言えるでしょう。

元カノと再会して、再び恋愛感情を抱いてしまう男性はかなり多いはずです。

妻の体型の変化

妻の体型が変化していくと、徐々に女性として見られなくなり不倫してしまう場合があります。

配偶者の不倫を防ぐには、自分も努力をして食事管理や運動で少しでも綺麗な体型を保つことが大切です。

いつまでも女性として見られる努力をしておけば、不倫されるリスクは一気に減ると言えるでしょう。

不倫の理由 女性のケース  

それでは、女性が不倫してしまうケースも紹介しておきます。

夫への不満  

夫への不満が溜まっていくと、ストレスを発散するために不倫へ発展してしまうケースがあります。

もし妻が不倫するのが不安なのであれば、しっかりとコミュニケーションを取って不満を把握し、解消する努力をしましょう。

同窓会で元カレに再会  

男性と同様に、女性も同窓会などで元カレと再会して不倫に発展してしまうケースがあります。

やはり元々付き合っていた人を久しぶりに見て、魅力的に感じてしまう人は多いです。

同窓会などで、パートナーが元恋人と再会する場合は、注意しておくべきだと言えるでしょう。

精神的に満たされない

精神的に現在のパートナーに満たされない場合は、満たされるために不倫を選んでしまう人は多いです。

しっかりと妻の不倫を防ぐためには、精神的に満たしておく必要があります。

悩みや愚痴を聞くのは面倒だと感じるかもしれませんが、妻の話を聞いてあげることが大切だと言えるでしょう。

不倫のリスク  

それでは、不倫をしてしまった場合にどのようなリスクがあるのか紹介していきます。

離婚  

不倫をして最も大きいリスクが、離婚になる可能性が高いという点でしょう。

パートナーに不倫をされて離婚を決意する人は、かなり多いです。

また、不倫によって離婚する場合は、慰謝料や財産分与、親権などで不倫した側が不利な立場になることがあります。

もし離婚するのが嫌だと感じているのであれば、不倫はしないほうが良いと言えるでしょう。

慰謝料  

不倫による離婚の場合は、慰謝料を請求される場合があります。

慰謝料の相場は50万円〜300万円と決して安い金額ではありません。

相場に大きな乖離がある理由としては、不倫の内容によって値段が変わってくると覚えておきましょう。

職場を追われる  

不倫によって家庭を崩壊させた場合、職場を追われるリスクもあります。

特に社内不倫による離婚であれば、確実に職場に話が伝わるので、追われてしまう可能性は十分にあると言えるでしょう。

現在の職場を離れたくないと考えているなら、社内不倫は絶対に辞めておきましょう。

子供の成長に悪影響  

不倫によって家庭が崩壊して離婚などに発展すると、子供の成長にも悪影響が出る可能性があります。

普通の子供は両親を見て成長していきますが、不倫するような親の話を子供が聞くことはありません。

親の言うことが聞けない子供に育てば、非行などに発展するなどの悪影響が出ることもあるでしょう。

自分の子供を大切に育てたいのであれば、不倫は絶対にやってはいけない行為となります。

社会的信用を失う

不倫をすることで、パートナーや家族、友達や職場からも社会的信用を失います。

社会的信用を失えば、徐々に人から信頼されることがなくなり関わりを避けられる可能性があります。

例えば、友達が不倫をしていて気にしない人もいますが、やはり関わりたくないと感じる人も多いでしょう。

これから人生を歩んでいく上で、社会的信用は非常に重要なので、不倫はしないことをおすすめします。

まとめ  

本記事では、不倫と浮気の定義の違い女性と男性に分けて不倫する理由の違いや、不倫のリスクなども解説しました。

浮気と不倫の定義についてですが、結婚しているのかがポイントだと覚えておきましょう。

結婚している場合は「不倫」で、結婚していない場合は「浮気」となります

不倫に発展する理由は男性と女性によって異なりますが、基本的にはどのような理由があってもかなりのリスクがあるので、不倫はしない方が良いと言えるでしょう。