これは内緒の話です #32歳独身OLの話

妻が不倫した…妻が不倫する理由や不倫された夫の対応を紹介

妻が不倫をしていたことが発覚して、精神的に大きなダメージを受けている人は多いでしょう。

また、これから夫婦の関係をどのようにすれば良いのか疑問を持っている人も多いはずです。

そこで本記事では、妻の不倫が発覚した際にどのように対応すれば良いのか徹底解説しました。それだけでなく、妻が不倫するべき理由や、絶対にやってはいけない対応についてもまとめておきます。

妻が不倫していた、不倫の理由は

まずは、妻が不倫してしまう理由について解説していきます。

夫からの愛情が足りないから  

夫が仕事などの理由で妻への愛情表現を減らしてしまうと、不満が溜まり不倫へ発展してしまうケースがあります。

その為、妻の不倫を防ぎたいのであれば、どのような理由があろうと定期的に愛情表現することが大切です。

スケジュール的に愛情表現するのが難しい場合は、休みの日を合わせるなど工夫することが大切です。

自分を女としてみてくれないから  

長く一緒にいると、徐々に夫が妻のことを女性として見られなくなってしまう可能性があります。

もし妻を女性として見られないのであれば、自分が美意識を上げるなどで、相手への行動を促しましょう。

例えば、自分が筋トレなどで体型を整えると、パートナーも美意識が上がり筋トレなどを行ってくれる可能性を上げることができます。

相手の意識が変わり見た目が改善されれば、女性として見られるようになる可能性もあるでしょう。

家事・仕事・育児に忙しいのに無関心だから  

女性は家事・仕事・育児に忙しいにも拘らず、何に関しても積極的に参加しない男性は非常に多いです。

そのような状態だと女性に多くの負担やストレスが掛かってしまうので、不満が溜まり不倫に発展してしまうことがあります。

妻に負担が大きく掛かっている状態を作っているのであれば、自分も家事や育児に積極的に参加するようにしましょう。

セックスレス

セックスレスになってしまうと女性は寂しくなってしまい、違う場所で愛情を求めるために不倫をしてしまうケースは非常に多いです。

妻とセックスレスになっている場合は、自分から誘ってみるなどで寂しい感情を作らないようにしましょう。

もしスケジュールが合わなくてセックスレスになっている場合は、意図的にでも時間を作ることをおすすめします。

妻の不倫が発覚、夫はどうする?  

それでは、妻の不倫が発覚した時に、男性はどのようにすれば良いのか対処法を解説していきます。

不貞行為の証拠を押さえる  

不貞行為を疑って口頭で言い詰めても、証拠がなければ言い訳されてしまう可能性が高いです。

しっかりと相手に不貞行為があったことを認めさせたいのであれば、不貞行為の証拠を集めるようにしましょう。

証拠を集めることができれば、相手に不貞行為を白状させることができるだけでなく、もし離婚調停などに進展したとしても有利に進めることができます。

妻が不倫をしているのであれば、まずは不貞行為の証拠を集めることが大切です。

離婚する場合  

離婚する場合は、相手の親御さんなども入れて話し合いを行い、親権や財産分与について決めなければいけません。他にも、物件や家具などをどのように分けるのかなどについても話し合う必要があるでしょう。

また、不倫の場合は慰謝料の請求なども話し合う必要があるはずです。

離婚しない場合  

離婚しない場合は、これからどのように関係を続けていくのか話し合わなければいけません。

まずは妻が反省して、今後は絶対に不倫をしないように環境を作る必要があります。

それだけでなく、妻が不倫をした理由を夫がしっかりと把握し、改善していかなければいけません。

もし離婚をしないと決断した場合は、再び不倫が再発しないように防止策を検討するようにしましょう。

静観する

もし妻の不倫を許せるのであれば、静観して様子を見てみるのも選択肢の1つです。

例えば、セックスレスで不倫をしている可能性があるなら、セックスの頻度を上げることで勝手に不倫を辞めてくれる可能性があります。

まずは不倫を静観して、妻が不倫を始めた理由を分析・改善して、それでも不倫を続ける場合は伝えるというのも選択肢の1つです。

避けるべき対応  

それでは、妻の不倫が発覚した際に絶対にやってはいけない避けるべき対応について解説していきます。

暴力に訴えかける  

妻が不倫したことに腹を立てて暴力に訴えかける男性も多いですが、犯罪者になる可能性もあるので絶対に辞めましょう。

もし妻の不倫が発覚したとしても、冷静になって話し合うことが大切になります。

また、妻が不倫をしてしまった原因が夫にあるケースも多いので、自分の行動を見つめ直すことも大切です。

妻をののしる  

妻をののしってしまう男性も多いですが、それをしてしまうと確実に関係を修復するのが難しいので絶対に辞めましょう。

まずは妻の話を聞いて、冷静にコミュニケーションを取ることが大切になります。

もし離婚する場合でも、相手を侮辱することで慰謝料の額が減ってしまう要因になるので、絶対に冷静に対応して下さい。

復讐として自分も不倫  

妻へ復讐したいという理由で自分も不倫するケースがありますが、それをすると自分にも非が生まれるので安易にやらない方が良いでしょう。

お互いに不倫をしている関係で、復縁するのは難易度が非常に高いです。妻との関係を継続させたいのであれば、復讐で不倫をするのは絶対に辞めましょう。

また、関係を継続させるつもりがなくても、復讐で不倫をすると慰謝料などが請求できなくなります。それだけでなく、相手と対等な立場になるので親権や財産分与で有利に話を進めることができません。

復讐が目的で不倫をするのは、リスクが高いので絶対に辞めた方が良いと言えるでしょう。

不倫相手ともめる

不倫相手と揉める人も多いですが、あまり意味がなくストレスが溜まるだけなので辞めた方が良いです。

どうしても許せない場合は、慰謝料を請求することもできるので、冷静に対応するようにして下さい。

まとめ

本記事では、妻の不倫が発覚した際にどのように対応すれば良いのか徹底解説しました。

まずは冷静に話し合って、妻が不倫した理由などをしっかりと把握することが大切です。

そこから関係を継続するのか離婚するのか決めて、慰謝料の請求などどのように対応するのか判断しましょう。