これは内緒の話です #32歳独身OLの話

【徹底比較】着圧レギンスってどれが良いの?話題の加圧インナー比べて見ました!

SNSで大人気の着圧スパッツである、グラマラスパッツとベルミス。

どちらを買おうか迷っている人は必見!二つの着圧スパッツを以下の点で比べてみました。

・脚やせ以外にも気になる効果
・着圧スパッツを使うタイミング
・着圧スパッツの正直ベースの使用感

グラマラスパッツもベルミスも、どちらも買って後悔なしの着圧スパッツです。ご自身の気になるポイントに合う方を選びましょう。

スパッツで美ボディになる仕組み

そもそもスパッツを履いただけで美ボディになれるのかというところから疑問がある人も多いはずです。実際に、他人の体について客観的に見た時に、一番気にするところはなんでしょう?

体重でしょうか、ボディラインでしょうか。

人は体重を明記した何かを持ち歩いているわけではないので、もちろんボディライン、見た目が全てでしょう。無駄のないほっそりとした脚やお腹が見えれば、細い人だな、綺麗だな、と判断するのだと思います。

そんな印象を履くだけで自分のものにすることができるアイテムが、着圧スパッツなのです。

着圧で巡り改善

着圧で、美ボディを実感できる一つの理由として、着圧が体の巡りをよくすることにあります。

下肢静脈瘤という病気を知っていますか?脚のむくみが慢性化することによって発症する血管の疾患です。命に関わることはありませんが、本来体を巡っていくはずの血液が、重力と筋力不足によって戻れなくなり逆流を起こし、ふくらはぎなどの下肢の部分でコブとなったり血管が浮き上がったりするものです。

この病気を医療的にフォローするために生まれたのが弾性ストッキングです。筋力の弱い女性や高齢者に多く見られる下肢静脈瘤を、弾性ストッキングで下から順に脚にかける圧力を上げることによって筋肉の筋ポンプ機能をサポートしたり、血行を促進することができます。

この要領で脚の血流の対策として作られたのが、着圧靴下や着圧スパッツです。履くだけで血流が滞りやすいふくらはぎや脚全体に段階的に圧力をかけ、巡りをサポートしてスッキリさせてくれます

医療用のものとはかけられるパワーが違いますが、着圧スパッツは苦しくない程度にしっかり圧力がかけられていて、骨盤サポートをしてくれているものまであります。巡りがよく滞りのない綺麗な脚になるために、着圧スパッツは役に立ってくれるアイテムです。

体重のためには食生活の改善が必要

しかし、着圧スパッツでは体重はほとんど変わりません。ダイエットを体重の減少と捉えているならば、着圧スパッツはおすすめできないかもしれません。

着圧スパッツはお腹まで圧力をかけてくるものもあるので、その場合はお腹が苦しくなりやすいので食べる絶対量が減ることで体重の減少が見られることもあるでしょう。それ以外の着圧スパッツによる体重への効果は、それほど期待できないと思います。

着圧スパッツを履くことでダイエットを考える場合は、着圧スパッツを履きながら、食事の内容や量の改善を同時進行で進めましょう。そうすることで見た目と体重、体脂肪の両方へのアプローチができるので、一気に理想の体へと近づけることになります。

姿勢の改善は期待できるかも

圧力の強い着圧スパッツは、姿勢補正力も期待できます。脂肪のつき方というのは体の使い方や姿勢と大きく関わっています。脚は特に、お腹の力が抜けた姿勢では上半身の体重までもを支えるので大きくなりがちです。

着圧スパッツの力でお腹に力が入りやすく背筋が伸びるように補正されるので、綺麗な姿勢によっても印象がよくなります。さらに腰痛などの痛みも和らぐという口コミも多くあるので、普段から姿勢に悩みがある人にも着圧スパッツはおすすめです。

グラマラスパッツの特徴

画像出典:グラマラスパッツ公式

ボディスーツ、着圧ソックス、ガードルショーツ、骨盤ベルトの威力を一つにまとめた下半身ケアのオールインワンスパッツとして有名なのがグラマラスパッツです。

グラマラスパッツは、お腹というよりも胸下まであるので体幹のほとんどを覆ってくれて温かい上に、くびれ補正までかけてくれる優れもの。ウエストまでの着圧スパッツによくあることですが、スパッツの端は結局お腹の肉が乗ってしまうという悲しいフォルムを生み出します。

しかし、グラマラスパッツはハイウエストなので乗る肉すら抑え込んでくれるスパッツなのです。

着圧威力はとても強いので、履く時は正直とても大変です。時間もかかりますし汗もかきます。忙しい朝にやる作業ではない!という感じです。しかし履いてしまえば、その日一日温かく快適、脱いでも血行のいいスッキリとした開放感があります。

腰のサポートにもなる!

補正力がとても強く、胸下まであるハイウエストと骨盤サポートのおかげもあって履いた途端に背筋がスッと伸びます。これは産後の疲れや育児でいい姿勢を保てないママさんにも、腰痛で悩むオフィスワーカーさんにもとてもおすすめなポイントです。

骨盤ベルトやボディスーツは着膨れしがちですが、グラマラスパッツはジーンズの下に忍ばせることができるほど、履いてしまえば存在感がなくなるので、知らない間にいい姿勢に慣れていきます。無理な姿勢で居続けることがないので、腰痛になりづらくもなるでしょう。

上下揃えると補正力MAX

グラマラスパッツと同じ会社から出ているナイトブラケア製品があります。着圧系にはよくあるのですが、ウエストやニーハイ部分から丸まってきて着圧効果が薄れるというような問題を解決してくれます。

下からグラマラスパッツを履いて、上はブラケアとしてナイトブラトップを着用すると、お腹の部分で重なるのでお互いに捲れ上がりにくくなるのです。上半身も下半身も姿勢補正力があるので継続して使うことでさらに美ボディに近づけるでしょう。

着痩せ効果抜群

初めに開封して驚くのが、履く前のグラマラスパッツの細さです。小学生の低学年の子供の脚くらいの細さで、本当に入るのかと心配になるサイズ感をしています。

いよいよ履くとなるとグラマラスパッツは着圧が強いので履く時に気合いがいるほどなのですが、履いている最中でも、履いた部分とそうでない部分の差が目に見えて違ってきます。片脚だけ履いてみるのも面白いかもしれません。

明らかに見た目が変わるので、履かずにはいられなくなるでしょう。

ベルミスの特徴

画像出典:ベルミス公式

ベルミスはトレンドダイエットランキング10冠を達成している超人気着圧タイツです。グラマラスパッツは足先があいているスパッツタイプですが、ベルミスは爪先まで覆っているタイツタイプです。

夜寝る前に履いて寝るだけで、部分ごとに最適な圧力をかけてあるので翌朝の脚はスッキリ軽やかで爽快になります。また、6方向の独自の編み上げ技術で太ももからお尻まで引き上げます。

もちろん、日中履くことも可能です。履いた途端に脚細、脚長、ヒップアップを見て感じることができます。下は爪先までで長いのですが上はウエスト部分で止まるので、姿勢が悪くなってくると丸まってくることもあるので要注意です。

着圧がとても強力

伸びるタイツなのにあまりに着圧が強くて履けない…という悲しいことになる可能性もあるほどの着圧タイツです。着圧感はサイズによって差異はないので大きい方を買った方が安心かもしれません。

ベルミスは着圧初心者さんにはおすすめできないほどの強着圧です。医療用ではもっとハードなものもありますが、一般的に売っているものの中では最強の部類ではないかと思います。

つま先まであるので温かい

寝る時に足先が冷えて眠りづらい人であったり、座り仕事で足の冷えを感じる、などという人にはタイツタイプのベルミスはとてもおすすめです。季節ごとに使い分けるのもいいかもしれません。冬は特に爪先まであるベルミスは重宝するでしょう。

気になる部分ごとにおすすめの着圧スパッツ

見た目で気になる部分というのは人それぞれです。脚痩せはもちろんですが、気になる部分ごとにおすすめなのはグラマラスパッツなのかベルミスなのかを掘り下げていきます。

お尻ケアまでできるのは

ヒップアップ効果をより感じるのはベルミスです。ベルミスの着圧はグラマラスパッツより強く感じます。どちらの公式にも実際の着圧力が明記されてはいません。ですが、着圧力が記載されている着圧ソックスよりも体感としてとても強い圧力なので、ベルミスとグラマラスパッツのどちらでも21hpa以上はあるのではないかと考えます。

さらにベルミスはお尻に合わせた着圧ラインがあり、太もも周りの肉も螺旋状に引き上げていくのでお尻周りに隙間が生まれやすく脚長見えもします。このことから脚長、ヒップアップ見えを感じやすいのはベルミスの方でしょう。

ぽっこりお腹も一緒に改善できるのは

脚も細くしつつお腹のケアもできるのは、グラマラスパッツです。前述したようにナイトブラトップも併用すると丸まらないのでしっかり着圧を感じることができます。

お腹にしっかり圧を感じることで背筋も伸びやすいので、上半身がスッキリすることも期待できるかもしれません。

また、お腹の上まで着圧があることで食べ過ぎの防止にもつながりやすくなります。逆を言えばお腹が苦しくなりやすいので、それが嫌な人はベルミスの方がおすすめです。

共通する残念ポイントが一つだけ

画像出典:ベルミス公式

グラマラスパッツもベルミスも、どちらも着圧スパッツとしてとても有能です。しかし、残念なポイントもあります。

それは「着圧のラインがとても目立つ」ということです。

段階的に着圧をすることで筋ポンプを支えてくれて滞りを予防したり解消してくれる着圧ラインなのですが、外でスパッツを履くとラインが目立ってしまうのです。

今やグラマラスパッツもベルミスも、話題の着圧スパッツなのでたくさんの人が仕様を知っています。着圧ラインが見えてしまってはバレてしまいます。外でヨガスパッツのように履くことは難しいでしょう。

インナーとして使用するか、就寝時や自宅内で使用にするかになってしまいます。着圧ラインのおかげで美ボディ化できるわけですが、履いた時の見た目がイマイチなのが少し残念なポイントです。

着圧スパッツの気をつけるポイント

日中も寝る時もずっとつけていられる着圧スパッツですが、たまには履かないでいる時間も作った方がいいと思います。着圧が苦しい時などは無理をしない方がいいですし、体質によってはメーカーが推奨しているやり方や時間でも使用しすぎない方がいいでしょう。

自分の体の感覚が大切です。心地いいと感じるくらいの引き締めで十分なので、無理をしないようにしすることがベストです。

寝る時も、自然に眠れる程度の着圧ならばいいですが、気になって眠りづらいほどであれば、着圧の程よい別のスパッツに変えたりすることをおすすめします。人によって着圧の体感は違うので、試してみて無理のない時間単位と無理のない使用感で使うようにした方がいいと思います。

着圧スパッツの効果的な使い方

着圧スパッツは、日常に使う用、夜寝る時用などがあります。

ベルミスは夜寝る時用として販売されていますが着圧が強めなので、眠りづらければグラマラスパッツにもナイト用があるのでそちらも試してみてください。夜は横になっているのでむくみやすい訳ではないですが、スパッツを着用することで翌朝のスッキリした感覚と見た目は快感です。

グラマラスパッツは日常で使うのもおすすめですが、特に運動時に使用するのがおすすめです。あまり意識していないかもしれませんがランニングやウォーキングを行う時、姿勢が悪いままで行うとせっかく運動しても効果がそれほど上がらない場合があります。

疲れてくると筋トレもウォーキングも、もちろん普段の生活でも姿勢がどんどん悪くなってきてしまうのでグラマラスパッツに支えてもらいましょう。公式サイトでは筋トレなどの時にレギンスとして使用すると加圧効果も感じられるとあるので、いつもよりも筋力アップも期待できるようです。

履かないよりは履いた方が断然いい!

グラマラスパッツもベルミスも、どちらも人気が出ることが頷ける有能な着圧スパッツです。強い圧力はしんどいなという人でも、一度は試してみるべきでしょう。

むくみは痛いほど感じる人もいれば、自分がむくんでいるのかどうかわからない人もいます。もしかして太くて気にしていたあなたの脚も、単にむくんでいるだけかもしれません。

また、着圧スパッツは継続して使うことでより細い脚を維持できます。年齢が上がるにつれて筋力が落ちやすくなり姿勢が悪くなってしまい、体のどこかに大きく負担をかけるという心配も、着圧スパッツを履いていることで少なくなるでしょう。

脚の血行の滞り予防にも痩せ見えにも姿勢にも、着圧スパッツは救世主です。