これは内緒の話です #32歳独身OLの話

美味しく食べてビタミン補給!背徳のおやつCplusビタミングミ

体に必要な栄養素にビタミンがありますが、三代栄養素より影が薄いので積極的に摂る努力をしないと不足しがちです。お野菜などの自然な食べ物から摂れるといいのですが、ビタミンの種類によっては調理の段階で栄養を逃してしまっているかもしれません。

手軽に美味しくビタミンが摂れるグミサプリをご存知ですか?Amazonで販売していて高評価のグミサプリです。美味しくて食べすぎちゃう!なんて人もいます。パッケージもサプリと思えない可愛さです。ぜひお試しあれ!

こんな人におすすめ!

・ダイエットしたい
・ダイエットに響かないおやつが欲しい
・ニキビに悩んでいる
・手軽に栄養が欲しい

ビタミンって体に必要?

そもそもビタミンはなぜ体に必要なのでしょうか。タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素にばかり注目がいきますが、ビタミンは体の整理機能を正常に保つために必要な有機化合物です。エネルギーを作り出すサポート役なのです。

たくさんは必要ありませんが、体の中で作り出すことができないため、外から食事やサプリとして摂る以外に摂取する方法がありません。ビタミンは13種類もあって、水に溶ける水溶性ビタミンと、油に溶ける脂溶性ビタミンに分けられます。

Cplusビタミングミサプリに含まれるビタミンは水溶性ビタミンです。

ビタミンCは肌にもストレスにも体の守りにも

ビタミンCって、なんとなく美容に役立つような気がする、という感覚があると思います。ビタミンCは日焼けによってできるメラニンの生成を抑えるので、クリアな肌を保つ力があるとされています。

また、ビタミンCは摂取して内側からフォローするだけでなく外側からチャージすることで美容のコンディションを整えてくれることでも名高い栄養素ですよね。

さらに年齢を感じさせない体でいるためにもビタミンCは不可欠で、コラーゲンを体の中で生成したり維持したりすることにも役立ちます。普段からビタミンCを摂取していると体の守りを強めることにもつながります。

不規則な生活や多忙などの外的要因によって心が塞いでしまうような環境ではビタミンCは減りやすくなりますがから、体を回復させるために必要な量をキープするべきです。

ビタミンB群は体の元気と回復に

ビタミンB群はエネルギーの変換に役立ちます。糖分や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるにはビタミンB群が必要なのです。お肌や筋肉、粘膜の再生を助けたりもします。

不調が続いてもご飯でハッピーになろうと思って好きなものばかり食べていると、それがまた体の重だるさを呼んでしまうことになっているかもしれません。ジャンキーなご飯やおやつはビタミンとは程遠いものでできています。

おやつを体が喜ぶビタミンが含まれるグミに変わるだけで、体の調子が上がることになるかもしれませんよ!

ビタミン不足の無限ループで甘いもの太り?!

ダイエットを頑張ろうと思うと無性に食べたくなってしまうものってありませんか?チョコレート、ケーキ、クッキー、グミなど、甘いものが欲しくなる時というのは、もしかするとビタミン不足かもしれません。

糖の代謝にもビタミンが必要

甘いものが食べたいと思う時というのは、栄養不足であるサインです。気持ちが塞いだ時や体が重たい時にも甘いものが欲しくなりますね。

甘いものを食べると一時的に血糖値が上がるので元気が出た気がするのですが、すぐにまた何か食べたくなってしまいませんか。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えてくれる働きをします。なので甘いものを食べることで、ビタミンB1は消費されて足りなくなってしまうのです。そしてまた体が重たくなっていく、甘いものが欲しくなってしまう、というダイエットとはかけ離れた魔の無限ループが始まってしまうのです。

  1. 甘いものが欲しい
  2. ビタミンを不足させたくない

この二つを同時に叶えてくれるグミサプリがあったら、美ボディへの道もグンと近づくような気がしませんか

ビタミンが不足すると起きること

ビタミンの必要量ってご存知でしょうか。成人女性であれば、ビタミンCは100mg前後、ビタミンB群であれば1.2mg前後が推奨されています。

この分を食べ物から摂取するには、レモン五個、納豆6パックなどが必要になるのです。毎日食べることができますか?

出典:日本人の食事摂取基準(2020)

ビタミンCの場合

ビタミンCが不足してしまうと、コラーゲンの生成が間に合わなくなってしまって血管が脆くなりやすいことがわかっています。皮膚にも骨にも血管にコラーゲンは必要なので、不足してしまうと体の内外どちらにも不調を感じやすくなりそうです。

ビタミンB群の場合

体がどんよりすることや、動きたくない、眠くなりやすいなどの慢性的な不調を感じる人はビタミンB群が不足しているサインです。肌の不調や口の中の違和感などもビタミン不足が原因かもしれません。

過剰摂取は危ない?

サプリを選ぶ時に過剰摂取にならないか不安になる人が多いのではないかと思うのですが、Cplusビタミングミに含まれるビタミンは水溶性です。水溶性のビタミンは体で使う分以外は水分と一緒に体から出ていくので安心してください。

ビタミンミネラル桶の法則

いろんな体の症状からビタミンやミネラルの必要性を感じることが多いですが、一つの栄養素をたくさん摂ったとしても、バランスよく摂っていないと意味がないのだそうです。

木の板張りで作られる木桶のそれぞれの板を栄養素に例えて、板の長短が栄養素の摂取量として考えます。短い板の場所があれば桶の中の水はそこまでしか入りません。

同様に一つだけの栄養素をたくさん摂ったとしても、その量に合わせて健康となるのではなく、摂取量の少ない栄養素の量に合わせてしまうのです。たくさん摂取したとしても流れてしまうので適量をバランスよく、ということが大切なのです。

もちろん食事からもそうですが、足りていないと感じる栄養素はサプリからも摂るべきでしょう。特にビタミンは人間の体で生成することができないので、きちんと体に入れておいた方がいいのです。

手軽にバランスを整えるサプリをご紹介

食べもので摂取するにはなかなかの量になるビタミンCやビタミンB群ですが、前述のように摂っておいた方がいい栄養素です。Cplusビタミングミにはレモン5個分の栄養素が含まれています。その他にもビタミンB群もしっかり配合されています。

シープラスビタミングミに入っているビタミンの種類
ビタミンC
ビタミンB1
ビタミン B2
ビタミンB6

成分表をチェック

原材料・成分
ビタミンC ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 水飴 砂糖 ゼラチン イソマルトオリゴ糖 濃縮レモン果汁 食用油脂 粉末オブラート でん粉 酸味料 光沢剤

Cplusビタミングミには、お菓子によくある着色料や香料は入っていません。栄養素が率先して配合されていて、酸っぱくて美味しい味になるように少し補助されているくらいで、他のおやつのグミよりも健康的です。

ダイエット中のおやつの代わりにも

Cplusビタミングミはサプリではあるものの、グミなので噛みごたえもあっておやつ感覚で食べることができます。おやつなのに栄養価が高いので、罪悪感を感じることもありません。

美味しくて食べすぎてしまう人もいるほどなので、グミ好きな人はただのおやつとして試ししてみてもいいかもしれませんね。美味しくて高栄養なのでお子様にもおすすめです。

家族みんなで美味しくグミサプリ

お子様のいる家庭では、好き嫌いやおやつ好きな子供達の栄養の偏りが心配になりますよね。Cplusビタミングミなら、子供たちは知らない間に美味しく栄養を摂取することができます。

たくさん食べすぎても過剰に摂取した分は水分として出ていくので心配いりません。女性はダイエットの合間のおやつに、子供達は成長に役立つCplusビタミングミで、家族みんなで美味しく健康になりましょう

購入はこちらから↓